ジョイント

トピックス

介護テーブルの特徴とは

介護テーブルの特徴は、フレーム・脚・天板などのカラー(色)や、機能性にあります。フレームや脚の材質は、スチール製が主流です。フレームや脚にスチールを採用することで、木製(もしくはパーティクルボード製に比べ)介護テーブルの強度が増します。介護テーブルのフレームや脚のカラー(色)は、通常天板のカラーと統一感をもって、同色に塗装されます。最近ではフレームや脚にも、天然木の素材感を出した塗装で仕上げた商品もあります。
トピックス

ジョント部材により介護テーブルの高さを調整

車椅子を使用しない人と使用する人が混在する施設では、通常高さ700mmのテーブルで常用し、オプションとして高さ40mm・60mmを追加で足す方法があります。オプションのジョイントパーツで介護・病院用テーブルの天板を高くすれば、標準的な車椅子ならテーブルの下に脚が収まります。