ジョント部材により介護テーブルの高さを調整

一般的なオフィスで使用されるテーブルの高さは700mmです。
しかし、車椅子が多くある介護施設・福祉施設・病院施設では、車椅子を使用する人の使い勝手を考慮したテーブルの高さが必要となります。

車椅子を使用しない人と使用する人が混在する施設では、通常高さ700mmのテーブルで常用し、オプションとして高さ40mm・60mmを追加で足す方法があります。
オプションのジョイントパーツで介護・病院用テーブルの天板を高くすれば、標準的な車椅子ならテーブルの下に脚が収まります。

ジョイント部材はいつでも取り外しができますので、高さ700mmの高さのテーブルと、高さ740mmや760mmのテーブルの天板高さをお好みで使い分けることができます。
既存の脚にジョイントするだけですので、後から追加で付け足すことも可能です。

コメントを残す