病室・居室のベッドのすぐそばで使用するベッドサイドテーブル

介護施設・福祉施設・病院施設の病室・居室に必ずおかれるものといえばベッド。
このベッドのすぐそばで活躍する家具が、ベッドサイドテーブルです。

利用者が食事・服薬などで常に使用する家具ですから、ぬくもりを感じさせる木製にデザインされています。
取り扱いのある商品は、脚の間の有効サイズが幅1110mmのタイプのもので、外寸幅1000mm程度のベッドであればゆとりをもって使用できます。
このベッドサイドテーブルの天板も、傷やよごれに強いメラミン加工を施したものを採用。
天板に凹面(皿形)を設けたデザインのタイプであれば、お茶や水などもこぼれにくい仕様となります。

また、簡単なレバー操作で高さを調整できるタイプですので、利用者の身体状況等にあわせて適応できます。

コメントを残す