上下昇降

トピックス

介護テーブルと会議用テーブルの違いとは

大きく分けて、介護施設や病院施設、福祉施設で使用する介護テーブルと、オフィスや事務所等で使用する会議用テーブルと、の2種類があります。それぞれのテーブルの違いはどのようなものがあるのでしょうか。介護テーブルと会議用テーブルの違いは以下のようなものがあります。機能面と素材・材質面とデザイン面です。
トピックス

介護テーブルの特徴とは

介護テーブルの特徴は、フレーム・脚・天板などのカラー(色)や、機能性にあります。フレームや脚の材質は、スチール製が主流です。フレームや脚にスチールを採用することで、木製(もしくはパーティクルボード製に比べ)介護テーブルの強度が増します。介護テーブルのフレームや脚のカラー(色)は、通常天板のカラーと統一感をもって、同色に塗装されます。最近ではフレームや脚にも、天然木の素材感を出した塗装で仕上げた商品もあります。
トピックス

車椅子の利用者にあわせた高さ調整式の介護テーブル

介護・病院用のテーブルの選び方は、座る人の高さに柔軟に変えられることもポイントのひとつです。高齢者で小柄な人にとって、通常の700mmの高さの介護・病院用テーブルでは高すぎます。 また、車いす利用者にとって、標準的な車いすのサイズに対応するには高さ750mmにあわせなくてはなりません。