介護テーブル NST(旧NS)テーブルシリーズ を追加しました

介護テーブル NST(旧NS)テーブルシリーズ を追加しました

ショッピングサイト「家具MONOオフィス」にて、介護テーブル NST(旧NS)テーブル 介護テーブル NST(旧NS)テーブルシリーズ を追加しました。

NSテーブルシリーズテーブル天板下のケタを補強し強度を増して、NSTテーブルとしてリニューアルしました。

木のぬくもりが伝わる、やさしいフォルム。車椅子の方も安心してご使用いただける仕様
使う人にやさしいラウンドフォルムの天板に、頑丈なスチールの脚を組み合わせました。
やさしいだけではなく、安心してご使用いただけます。

[myphp-button1]

介護テーブルの素材材質について

介護テーブルの素材材質について

介護テーブルは、一般的なオフィス家具といわれるところのスチール家具と同様の素材を使用しています。
ただし、オフィス家具で主流のホワイト色のスチールではなく、木目調の塗装、木目シールなどを貼り付けている場合が多いのが特長です。

たとえば介護テーブルの脚であれば、通常スチールパイプ(メッキなどのシルバー色)で作られますが、その上から木目調のメラミン塗装シールを貼り付け、病院福祉施設でも使用に耐えうるようなデザインとしています。

介護テーブルの天板は、高級なものであれば、丈夫なスチール製の板状の素材が含有されていますが、普通は、MDF天板などの素材で作られます。木目の家具といっても無垢板の素材が使用されることはまずありません。
木製家具でも集成材を貼り合わせたものを曲げたり加工して製作されます。

介護椅子の素材材質について

介護椅子の素材材質について

介護椅子は、一般的なオフィス家具製品と違い、スチール製でなく木製の素材を使用していることが多いです。

木製の材質は、天然木や合板を成形したものやMDFなどが用いられています。

スチール製で制作された会議椅子のフレームなどでも、木目調のメラミンシートを貼り付けたりして、木製のイメージを崩すことはありません。
ここが会議椅子との明確な違いですが、スチールパイプで椅子のフレームなどを曲げるのは比較的容易でコストもそれほどかかりませんが、木製のフレームで曲げをおこなうのはコストと手間がかかる工程となります。
会議椅子よりも介護椅子が高価なのは、素材材質の違いも当然ありますが、こうしたコストのかかる工程を経ているからという理由もあります。

[myphp-button2]

折りたたんで収納できる介護椅子を追加しました

介護椅子 KOI-11 折りたたみ木製チェアー

ショッピングサイト「家具MONOオフィス」にて、介護椅子 KOI-11 折りたたみ木製チェアー を追加しました。

看護・介護の取り回しのしやすい省スペース設計で折りたたみタイプの介護椅子。シンプルなデザインの曲線が美しい木製チェアです。
シンプルで飽きのこないデザイン。お買い求めやすい価格も魅力です。
折りたたんで収納できる介護椅子です。

[myphp-button2]

車いす利用に便利な高さ調整機能付き介護テーブルシリーズの4本キャスター脚台形テーブルを追加しました

介護テーブル 天板上下昇降式 UFT-9018C 幅1800mm×奥行780mm×高さ596~796mm 台形テーブル

ショッピングサイト「家具MONOオフィス」にて、介護テーブル 天板上下昇降式 UFT-9018C 4本キャスター脚タイプ・台形テーブル を追加しました。

介護のしやすさを重視した機能的な天板昇降式介護テーブルの4本キャスター脚・台形型テーブル。
台形テーブルを2台組み合わせれば、隣の席どうしのコミュニケーションを円滑に促します!
天板は、拭き掃除が簡単なメラミン化粧合板を表裏の両面に使用。側面はやわらかいソフトエッジ仕様で安心です。
20mm間隔で10段階の高さ調整も可能です(H596~796mm ※目盛り付き)。

[myphp-button1]

高さ調整機能付き介護テーブルの2本キャスター脚2本固定脚・台形テーブルを追加しました

介護テーブル 天板上下昇降式 UFT-9018B 幅1800mm×奥行780mm×高さ596~796mm 台形テーブル

ショッピングサイト「家具MONOオフィス」にて、介護テーブル 天板上下昇降式 UFT-9018B 2本キャスター脚・2本固定脚タイプ・台形テーブル を追加しました。

介護のしやすさを重視した機能的な天板昇降式介護テーブルの2本キャスター脚・2本固定脚タイプ・台形型テーブル。
台形テーブルを2台組み合わせれば、隣の席どうしのコミュニケーションを円滑に促します!
天板は、拭き掃除が簡単なメラミン化粧合板を表裏の両面に使用。側面はやわらかいソフトエッジ仕様で安心です。
20mm間隔で10段階の高さ調整も可能です(H596~796mm ※目盛り付き)。

[myphp-button1]

車いす利用に便利な高さ調整機能付き介護テーブルシリーズの4本固定脚台形型テーブルを追加しました

介護テーブル 天板上下昇降式 UFT-9018A 幅1800mm×奥行780mm×高さ596~796mm 台形テーブル

ショッピングサイト「家具MONOオフィス」にて、介護テーブル 天板上下昇降式 UFT-9018A 4本固定脚台形テーブル を追加しました。

介護のしやすさを重視した機能的な天板昇降式介護テーブルの4本固定脚台形型テーブル。
台形テーブルを2台組み合わせれば、隣の席どうしのコミュニケーションを円滑に促します!
天板は、拭き掃除が簡単なメラミン化粧合板を表裏の両面に使用。側面はやわらかいソフトエッジ仕様で安心です。
20mm間隔で10段階の高さ調整も可能です(H596~796mm ※目盛り付き)。

[myphp-button1]

介護テーブルの特徴とは

介護テーブルの特徴とは

介護テーブルの特徴は、フレーム・脚・天板などのカラー(色)や、機能性にあります。

フレームや脚の材質は、スチール製が主流です。
フレームや脚にスチールを採用することで、木製(もしくはパーティクルボード製に比べ)介護テーブルの強度が増します。

介護テーブルのフレームや脚のカラー(色)は、通常天板のカラーと統一感をもって、同色に塗装されます。
最近ではフレームや脚にも、天然木の素材感を出した塗装で仕上げた商品もあります。

一方で、介護テーブルで特徴的なのはその機能性です。

さまざまな体型の方がご利用できるよう、工夫をこらして介護テーブルの機能性をプラスしています。

代表的なものとしては、天板の上下昇降機能、脚のジョイントUP機能、キャスターの取り替え機能などなど。
通常のテーブルにはない機能を追加し、利用者の利便性をあげることができるために、介護テーブルが選ばれているのです。

[myphp-button1]

介護椅子の特徴とは

介護椅子の特徴

介護椅子の特徴は、材質面や形状、カラー(色)にあります。

材質面では、介護椅子のフレームで、合板などを貼り合わせて成形された木製が採用されている点が挙げられます。
無塗装もしくはメラミン塗装を施した木製フレームでより自然に近い形を出した製品が多いです。

形状面では、柔らかい曲線をデザインした点が挙げられます。
とくにフレームと一体となった介護椅子の肘は、事務用チェアーでみられるとがった肘は採用せず、必ずといってよいほど曲線の肘です。

介護椅子の座面の色では、あたたかみのある色調が好まれる点が挙げられます。
※介護椅子の座面のカラーについて、詳しくは以下の記事をご参照下さい。

[myphp-button2]

介護椅子のスタンダードな座面カラーとは

介護椅子のカラー(色)について

介護椅子の座面の色合いは、使用される施設の特性上、あたたかみのある色調が好まれます。
事務用椅子で主要な、鮮明でヴィヴィッドな色合いは用いられることが少ないです。

暖色系も寒色系の色合いも用いられますが、介護椅子では彩度を抑えた色調が基本です。
また、明るめの白っぽい色にはアイボリー色が採用されています。
おもな色は、

  • ライトグリーン
  • ライトブルー
  • アイボリー
  • パステルピンク
  • ライトベージュ

 

などです。

いずれも木製とフレームと組み合わせてぬくもりを感じさせる暖かい色がスタンダードとなっています。

[myphp-button2]

ベンチ型の腰掛けタイプの介護椅子

ベンチ型のロビーチェア仕様の介護椅子

木製の介護椅子は、基本的には1人用の椅子が主となります。
一人掛けの椅子で、食事をしたりデスクワークをしたりするために、ゆったりとした作りとなっています。

介護テーブルの前で作業する以外の、たとえば、談話・談笑したりする場合には、複数人座れる介護椅子が便利です。
いわゆるロビーチェアのような、ベンチ型の介護椅子です。
周りの人たちで談話することはもちろんのこと、ちょっと腰を腰掛けるのにも使える介護椅子です。

背もたれ付きと背もたれ無しのフラットタイプの二種類が選べ、置く場所の特性や用途によって使い分けが可能です。

[myphp-button2]

施設で使える取っ手付き介護椅子(木製チェア)を追加しました

介護福祉病院施設で使える取っ手付き木製チェアーを追加しました

家具MONOオフィスにて便利な取っ手が付いたシンプルなデザインの曲線が美しい介護椅子(木製チェア)を追加しました。
看護・介護の取り回しのしやすい省スペース設計。
積み重ねてスタックできます。

シンプルで飽きのこないデザインでお買い求めやすい価格も魅力です。
背の上部に手掛けが付き、持ち運びに便利でより座りやすくなりました!

[myphp-button2]

介護施設家具・福祉施設家具・病院施設家具の種類とは?

介護施設・福祉施設・病院施設の家具種類とは?

介護施設・福祉施設・病院施設で使用される代表的な家具は、以下のものがあります。

  • 利用者用木製テーブル
  • 利用者用木製チェアー
  • スタックテーブル
  • 折り畳みテーブル
  • 床頭台
  • 居室用収納家具・キャビネット
  • 居室用収納家具・チェスト
  • 居室用ロッカー
  • 居室用デスク
  • 折り畳みベッド
  • 利用者用丸椅子
  • 診察用丸椅子
  • パイプ椅子
  • ロビーチェアー
  • 診察台
  • 木製シューズボックス
  • 傘立て
  • スリッパスタンド
  • パンフレットスタンド
  • 木製マガジンラック
  • パーティション・間仕切り
  • ペール

 

上記にプラスして、事務室や役員室などで使用されるオフィス家具(事務用什器)が必要です。事務用デスク・チェアー、スチール書庫、ミーティングテーブル・チェアー、パーティション・間仕切りが基本セットとなります。
[myphp-button]

あたたかみのあるやさしい色づかいの木製ロッカー

介護施設・福祉施設や病院施設向け木製ロッカー

オフィス家具で取り扱いのあるロッカーはおよそアイボリー色やニューグレー色など、どちらかといえば無機質で金属の箱というイメージを持つものが一般的です。

介護施設・福祉施設や病院施設では、あたたかみのある色調やぬくもりを感じさせる木製のデザインが最適となります。

ロッカーというバックエンドの家具にも、こうした人のぬくもりを感じさせる木製カラーを選ぶことで、細かいところにも配慮を示すことができます。

もちろん、個人の自宅にも使用できるデザインとなっていますし、また、木製デザインで統一されたオフィスにも最適なロッカーです。

木製ロッカーの取り揃えている色は、ナチュラル系の色と少し暗めのブラウン色の2色があります。

[myphp-button]

介護施設・福祉施設・病院施設に必要な家具(ロビー・談話室)

介護テーブル・介護椅子のネット通販Navi

施設の顔ともなるロビーや談話室。落ち着いて談話したり休憩ができる環境作りが望まれます。気軽に、かしこまらならずに利用できる空間作りが鍵となります。

<必要となる家具の一例>

  • ベンチ
  • ソファー
  • マガジンラック・新聞ラック
  • 傘立て
  • シューズボックス

[myphp-button]