トピックス

介護テーブルの特徴とは

介護テーブルの特徴は、フレーム・脚・天板などのカラー(色)や、機能性にあります。フレームや脚の材質は、スチール製が主流です。フレームや脚にスチールを採用することで、木製(もしくはパーティクルボード製に比べ)介護テーブルの強度が増します。介護テーブルのフレームや脚のカラー(色)は、通常天板のカラーと統一感をもって、同色に塗装されます。最近ではフレームや脚にも、天然木の素材感を出した塗装で仕上げた商品もあります。
トピックス

介護椅子の特徴とは

介護椅子の特徴は、材質面や形状、カラー(色)にあります。形状面では、柔らかい曲線をデザインした点が挙げられます。とくにフレームと一体となった介護椅子の肘は、事務用チェアーでみられるとがった肘は採用せず、必ずといってよいほど曲線の肘です。介護椅子の座面の色では、あたたかみのある色調が好まれる点が挙げられます。
トピックス

介護椅子のスタンダードな座面カラーとは

介護椅子の座面の色合いは、あたたかみのある色調が好まれます。事務用椅子で主要な鮮明でヴィヴィッドな色合いは用いられません。暖色系も寒色系の色合いも用いられますが、介護椅子では彩度を抑えた色調です。また、明るめの白っぽい色にはアイボリー色が採用されています。
トピックス

ベンチ型の腰掛けタイプの介護椅子

木製の介護椅子は、基本的には1人用の椅子が主となります。一人掛けの椅子で、食事をしたりデスクワークをしたりするために、ゆったりとした作りの介護椅子の紹介です。
ニュース

施設で使える取っ手付き介護椅子を追加しました

ストアページにて、井上金庫製の便利な取っ手が付いたシンプルなデザインの曲線が美しい介護椅子(木製チェア)を追加しました。
トピックス

介護・福祉・病院施設家具の種類とは?

介護施設・福祉施設・病院施設で使用される代表的な家具は、以下のものがあります。利用者用木製テーブル、利用者用木製チェアー、スタックテーブル、折り畳みテーブル、床頭台、居室用収納家具・キャビネット などです。
トピックス

あたたかみのあるやさしい色づかいの木製ロッカー

オフィス家具で取り扱いのあるロッカーはおよそアイボリー色やニューグレー色など、どちらかといえば無機質で金属の箱というイメージを持つものが一般的です。介護施設・福祉施設や病院施設では、あたたかみのある色調やぬくもりを感じさせる木製のデザインが最適となります。
トピックス

介護・福祉・病院施設に必要な家具(ロビー・談話室)

施設の顔ともなるロビーや談話室。落ち着いて談話したり休憩ができる環境作りが望まれます。気軽に、かしこまらならずに利用できる空間作りが鍵となります。<必要となる家具の一例>ベンチ・ ソファー・マガジンラック・新聞ラック・傘立て・シューズボックス
トピックス

介護・福祉・病院施設に必要な家具(居室・病室)

居室・病室は自宅で暮らすような居心地の良い空間にすることがポイントです。こちらの部屋も、落ち着いたあたたかみのある家庭的な木製の家具が選ばれます。キャビネットやチェストは伝え歩きができるような家具を選んで気配りします。
トピックス

食堂・デイルームに必要な家具とは

デイルームや食堂は食事や家族との面会・談話をする部屋。落ち着いたあたたかみのある部屋にするため、家庭的な木製の家具が選ばれます。食堂用椅子(お客様用)食堂用テーブル(お客様用)下駄箱、リラックス用のソファーなど
トピックス

衣類収納に便利なチェスト家具・雑貨を収納するキャビネット家具

介護・病院用家具のチェストとキャビネットは、高さを700mmに揃えられています。これは、介護施設・福祉施設や病院施設で使用する際に、利用者がチェストとキャビネットに手をかけて伝え歩きすることができる高さにするためです。たとえば高さが1000mm以上の家具であれば、手をつけることはできますが、体重をうまく家具にかけることが難しくなります。
ニュース

介護テーブル・介護椅子の商品情報はこちらのサイトで順次更新していきます

弊社運営サイト「家具MONOオフィス」で登録している介護用・病院用家具は、こちらのサイト介護・病院家具のネット通販Naviにて順次新商品を紹介していきます。メーカーが毎年おこなう商品のリニューアルや価格のアップデート情報、仕様変更なども更新する予定です。
トピックス

ベッドサイドのとなりで活躍する収納家具・床頭台

介護施設・福祉施設や病院施設の居室・病室に必ず据え置かれている家具といえば、テレビや冷蔵庫等を収納するベッドサイドにある家具。この家具は、床頭台と呼ばれています。床頭台は、居室・病室に必ずといってよいほど見かける家具です。
トピックス

車椅子の利用者にあわせた高さ調整式の介護テーブル

介護・病院用のテーブルの選び方は、座る人の高さに柔軟に変えられることもポイントのひとつです。高齢者で小柄な人にとって、通常の700mmの高さの介護・病院用テーブルでは高すぎます。 また、車いす利用者にとって、標準的な車いすのサイズに対応するには高さ750mmにあわせなくてはなりません。
トピックス

病室・居室のベッドのすぐそばで使用するベッドサイドテーブル

介護施設・福祉施設・病院施設の病室・居室に必ずおかれるものといえばベッド。 このベッドのすぐそばで活躍する家具が、ベッドサイドテーブルです。利用者が食事・服薬などで常に使用する家具ですから、ぬくもりを感じさせる木製にデザインされています。